ランドセルの価格

ランドセルが高すぎるという考えは大きな間違い!小学生の最強アイテムが「年間〇万円」と考えれば安い!

「子供のランドセルに数万円だなんて、高すぎじゃない?」

掲示されたランドセル価格に納得できないまま、なんとなくランドセル選びをしていませんか?

ランドセルが持つメリットや特徴をしっかりと理解しないまま購入してしまうと、ランドセルに「愛着がわかない6年間」を過ごすことになってしまいます。

ランドセルが高価な理由を理解できると、ランドセルは「小学生のための最強アイテム」だと気づけます。

この記事を読めば「ランドセルが高価な理由」を知ることができ、その全ては子供が「快適な学校生活を送れるようにするため」であることが分かります。

子供にあう最適なランドセルはどれなのか、これからのランドセル選びの参考にもなりますよ。

サキヨミ!この記事の結論
  • ランドセルが高い理由は「耐久性」「機能性」「安全性」が優れているから
  • 6年間使い続けることを考えるとむしろ安い
  • 最近は価格と質の両方を叶えたランドセルもある
「安いのに良質!」と評判の澤田屋ランドセル


「良質のランドセルをリーズナブルな価格でお届けしたい!」という思いから、澤田屋ランドセルではあらゆる工夫を凝らしています。

「低価格・高品質・軽い・丈夫・デザイン」の5つの条件をクリアするため、素材や販売ルートにこだわっています。

「兄弟でリピートしたい!」「お友達に紹介したい!」と感じていただけたお客様からの口コミを、こちらで多数掲載しています!
公式サイトはこちら⇒https://kawaii-randsel.com/

ランドセルが高すぎると感じる理由

ランドセルの価格はピンキリで、安くて1万円くらいから、高いものだと数十万円するものまであります。

親世代のころのランドセルは、もうちょっと安く買えたのに…と感じてしまうかもしれません。

「ランドセルが高すぎる」と感じる理由には、どんな意見があるのか一緒に確認してみましょう。

子供が持つものに数万円は高すぎる

物の価値がまだあまりよくわからない子供に、数万円のアイテムを毎日持たせるなんて「贅沢すぎるのでは?」と感じてしまいます。

数万円もするランドセルを乱暴に扱って、壊したりすぐに傷だらけになってしまうかもしれません。

高すぎると感じるランドセルですが、先輩パパやママたちは、これまでいくらのランドセルを購入しているのでしょうか?

画像引用元:ランドセル工業会

2019年に行われたアンケート調査では、ランドセルの平均購入価格は「52,300円」でした。

全体の約半数が4万円から6万円台のランドセルを購入していることが分かります。

「教科書を運ぶだけのカバンに6万円?」そんな思いがよぎるのも無理はありません。

たった6年間しか使わないのに

大人が持つような高級カバンであれば、手入れをして大事に使うことで、長年使い続けることができますよね。

ですが子供のランドセルは、どう頑張っても6年間の期間限定アイテムです。

子供が小学校を卒業してしまえば、まったく使い道がなくなってしまいます。

兄弟がいれば「おさがり」で使うことも考えられますが、歳の差を考えても同時期に小学校に通う可能性が高いですし、色柄の関係からも、必ずしも同性であるとはかぎりません。

子供にとっては「一生に一度」のこと、と考えるとピカピカのランドセルを買ってあげたいのが親心でもあります。

たった6年間のことなのに…と考えると「ランドセルが高すぎる」と感じてしまいます。

リュックに切り替える可能性がある

高学年になるとランドセルを背負うのをやめて、学校にリュックで通い出す子供が出始めます。

この頃になるとオシャレに目覚め始める子も増えて、自分が気に入って買ったはずのランドセルが少し子供っぽく見えてしまうのが原因のようです。

低学年のうちの3年間しか背負わないとなると、いくら高価なランドセルを買ったとしても大半を無駄にしたと感じてしまうのです。

ですがこの場合は、最初にランドセルを選ぶときの「判断ミス」である場合もあります。

高学年になっても飽きの来ない、幼すぎない形やデザインを選ぶことは、ランドセル選びにおいて、とても重要なポイントでもあるのです。

長く使えるデザインが豊富!澤田屋ランドセルがおすすめ!


「澤田屋ランドセル」のランドセルは、子供が好むトレンドカラーを取り入れつつも、長く使えるデザインを豊富にそろえています。

マチに異彩カラーを採用することで、ちょっと大人びた雰囲気を感じるランドセルを用意。

個性を主張しすぎないシンプルなデザインが多く、親御さんからの人気も上々です。

澤田屋ランドセルは「低価格・高品質・軽い・丈夫・デザイン」の5つの条件をクリアするため、素材や販売ルートにこだわって制作しています。

2020年度のかわいい・カッコいい新作カラーも登場しましたよ!
公式サイトでチェック!⇒https://kawaii-randsel.com/

ランドセルが高い理由は、全て「子供のためだった」

こうして「ランドセルが高いと感じる理由」を見てみると、どうせ高価なランドセルを買っても「子供が無駄にしてしまうのでは?」という親の考えが先行してしまいがちです。

ならばと安いランドセルを購入すれば解決しそうですが、安すぎるランドセルを買ってしまうと2年生になる頃にはランドセルの質が悪すぎてペシャンコになってしまうことも。

たとえ1万円であっても無駄にしたくはありませんよね。

安易に粗悪品に手を出してしまうと、何度もカバンを取り換えて、逆に高上りになってしまうことも。

ここではなぜ「高価なランドセルが多いのか」について、一つずつ確認していきます。ランドセルが高い理由にも気づけますよ。

耐久性を上げるため

「物は大切に扱いましょう。」

これは子供が小さなころに学んで欲しい教訓のひとつです。

ですが小学生にあがったばかりの子供に、「カバンを大切に扱う」という意識を毎日持たせるのはなかなか困難です。

この時期の子供たちが手にするものは、何でも「遊び道具」に早変わりしてしまいます。

とくに男の子の場合は、どこでもランドセルを放り出してしまいますし、踏んづけたり蹴ったりと、大人が想像できない使い方をしてしまうことも。

6年間使うつもりで買ったのに、すぐに傷だらけになったり、雨に弱いようなランドセルでは、がっかりしてしまいますよね。

ランドセルの各メーカーでは衝撃に強いランドセルを作り出すため、素材はもちろん縫製にもこだわっています。

耐久性を上げるため、壊れずに長く使えるランドセルを追求し続けているのです。

背負う負担を軽減するため

「ランドセルが重すぎる問題」

一度は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

脱ゆとり教育から教科書が厚くなり、地図帳や参考資料などの副教材も豊富になりました。

おかげで子供たちのランドセルがどんどん重くなってしまうことに。

子供たちが背負う負担を軽減させるために、ランドセルには次のような工夫がなされています。

ランドセルを大容量に

子供の安全面を考えると、転んだときに地面に手を付けるようにしておきたいものです。

そのためにも、なるべく手荷物を減らせると良いですよね。

このような考えからも、近年では「大容量」のランドセルに注目が集まっていて、「大マチ」と呼ばれる教科書を入れるメインのポケットを広げた商品が人気です。

給食袋など、サブ的な持ち物を全てランドセルの中に収納できれば、両手を空けることができるので安心できますね。

クッション材の仕様

ランドセルの重みは全て、小さな子供の両肩にのしかかります。

肩ベルトの幅が狭すぎると、肩に食い込んで痛みを感じてしまいます。

肩ベルトの幅を広げつつ、内側に衝撃を押さえるクッション材を採用することで、重みによる痛みを軽減することができるのです。

背中と背あてのフィット感

ランドセルを着用するにあたって、背中と背あてのフィット感はとても重要です。

ランドセル本体と背中の間に隙間ができてしまうと、ランドセルの重心が下がってしまうので、ランドセルがより重たく感じてしまうのです。

また、夏の暑い時期の「蒸れ防止」のために、各メーカーではランドセルの背あてを立体構造にしています。

これは背中の通気性を良くするためで、汗をかきやすい子供のために考えられた工夫でもあります。

成長に伴う調整が可能

買った当初は大きかったランドセルも、6年生の頃にはだいぶ小さく感じてしまうことでしょう。子供の成長を感じられる、嬉しい光景でもありますね。

洋服や靴ならサイズアウトすれば買い替えればよいのですが、ランドセルの場合はそうはいきません。

そのためランドセルの肩ベルトには、調整が可能な穴あきの下ベルトが付いています。

成長に合わせて腕を通す空間の大きさを、自由に変えられるようになっているのです。

大きくなると肩幅が出てきますが、「背カン」と呼ばれるランドセル本体と肩ベルトをつなぐパーツが付いているので、大きくなってからも肩にあたるベルトの位置を変えることができます。

子供の体形に合わせて調整できるランドセルは、6年間使うことを十分に考えられた万能なカバンなのです。

安全面を考えた工夫

ランドセルは教科書を運ぶためだけの道具じゃありません。

登下校時に小さな子供が巻き込まれる事件が絶えないことからも、近年のランドセルには子供の危険を回避してくれる重要な機能が備わっているのです。

防犯ブザー用のDカン

「Dカン」とは防犯ブザーや、キーホルダーなどの小物を下げることができる金具です。

小学生にとって、今や防犯ブザーは必須アイテムで、入学時に配られる学校もあります。

Dカンは、ランドセルの側面や、手前の肩ベルトに取り付けられています。

万が一の時にもすぐ手が届くように、肩ベルトにあるDカンに防犯ブザーを取り付けるのが一般的です。

安全ナスカン

「ナスカン」とは金具が開閉式になっていて、巾着などをぶら下げて置けるパーツです。

「安全ナスカン」はぶら下げたものを、何らかの要因で引っ張られたとしても、一定の重量がかかると外れる仕組みになっています。

ぶら下げた荷物がエレベーターのドアに挟まってしまったり、不審者につかまれたとしても「安全ナスカン」であれば外れて危険を回避することがでるのです。

夜道で光る反射板

秋から冬にかけて、いっきに日が短くなりますよね。

学童保育などで帰りが遅くなったり、学校から直接塾へ向かうなどするお子様にの場合、暗い夜道を歩く可能性が出てきます。

ライトの光に反動する「反射板」があれば、車の運転者に知らせることができるので、夜道でも安心できる装備だと言えますね。

「反射板」は全てのランドセルに備わっていません。

遅い時間帯に子供が外を歩く可能性がある場合は、反射板が付いているタイプのランドセルも視野に入れて選ぶと良いかもしれません。

この充実度で「年間1万円」と考えれば安いかも?

ランドセルが高くなってしまう理由がお分かりいただけたでしょうか?

各メーカーは子供の「背負いやすさ」「安全面」などを考えて、安心して6年間使えるように「耐久性」を上げながら進化を遂げてきました。

その結果、どんどん価格に差がついてしまったのでしょうね。

先輩パパやママたちは、ランドセル選びをしているうちに、ランドセルに備わった便利な機能を知ることで少しずつ予算を上げていったのかもしれません。

価格の安さを一番に重視すらならば、1万円以内のランドセルもたくさん売られています。

ですが6万円のランドセルを買ったとしても、これだけ高機能なランドセルが「年間1万円」で使える!と考えれば安い買い物かもしれません。

とは言え、ランドセルの機能性をどこまで追求すればよいのか疑問がわきます。

ランドセル選びにおいて、ここが一番頭を悩ませるポイントとも言えるのですが、「機能が過剰すぎないか?」という点において、親子で慎重に考えて選びたいものです。

価格・質が「ちょうどいい!」澤田屋ランドセルがおすすめ!


「良質のランドセルをリーズナブルな価格でお届けしたい!」という思いから、澤田屋ランドセルではあらゆる工夫を凝らしています。

「低価格・高品質・軽い・丈夫・デザイン」の5つの条件をクリアするため、素材や販売ルートにこだわっています。

「兄弟でリピートしたい!」「お友達に紹介したい!」と感じていただけたお客様からの口コミを、こちらで多数掲載しています!
公式サイトはこちら⇒https://kawaii-randsel.com/

ランドセルは小学生のための最強アイテム!

背負うことで子供の負担が軽減できて「両手が自由に使える」メリットから、小学生用のカバンとして流通してきた通学用カバンのランドセル。

ランドセルには子供が安全に6年間、小学校へ通うための機能が充実していることがお分かりいただけたでしょうか?

言わば「小学生のための最強アイテム」とも言えるランドセル。

少し高価だと感じてしまうランドセルでも、買う時期や購入方法を選べば定価よりも安く手に入れることも出来ます。

親世代の頃に比べると、どんどんランドセル価格が高騰していますが、それに比例して機能も充実しています。

安すぎるランドセルも心配ですが、高価すぎるランドセルを買う必要もありません。

事前にランドセル情報を集めておくことで、お子さんに必要な機能はどんなものか比較して、6年間にわたって満足できるランドセル選んであげたいものですね。

安すぎず高すぎない!澤田屋ランドセル


澤田屋ランドセルはメーカーの中でも、コストパフォーマンスに優れていることで知られているランドセル工房メーカーです。

「低価格・高品質・軽い・丈夫・デザイン」の5つの条件をクリアするため、素材や販売ルートにこだわっています。

澤田屋ランドセルの公式サイトでは、「ランドセルが安くて高品質の理由」を公開しています。

「質が良いのに安いのははなぜ?」と感じた方は、ユーザーから集めたこちらの口コミをチェックしてみてください。
公式サイトはこちら⇒https://kawaii-randsel.com/