ランドセルの価格

安いランドセルを価格別に比較!おすすめのランドセルメーカー3選

「安いランドセルについて知りたい」「価格の違いで何が変わるんだろう?」「高いランドセルを安く買いたい」

安いランドセル選びをするときに、そんな思いが湧いてきます。

価格は安い方が助かるけれど、ランドセルを値段だけで決めてしまって本当に大丈夫なのでしょうか?

ランドセルは子供が6年間にわたって使うもの。「安ければ安いほど良い」の考えだけで購入してしまうと、「安物買いの銭失い」になってしまうことも。

この記事を読めば、「安くても満足できるランドセルの選び方」が分かります。

安いランドセルを買う時の「狙い目の価格帯」や、「高いランドセルを安く買う方法」についてもお伝えしていますので、あなたのランドセル選びの参考にしてください。

サキヨミ!この記事の結論
  • 安いランドセルを価格帯別で確認
  • 狙い目は3万円台のランドセル
  • 安く買うには「買い方」が大事
「安いのに良質!」と評判の澤田屋ランドセル


「良質のランドセルをリーズナブルな価格でお届けしたい!」という思いから、澤田屋ランドセルではあらゆる工夫を凝らしています。

「低価格・高品質・軽い・丈夫・デザイン」の5つの条件をクリアするため、素材や販売ルートにこだわっています。

「兄弟でリピートしたい!」「お友達に紹介したい!」と感じていただけたお客様からの口コミを、こちらで多数掲載しています!
公式サイトはこちら⇒https://kawaii-randsel.com/

安いランドセルを価格別に比較

ランドセルの価格はピンキリで、安いものだと数千円から、高いものだと数十万円するものまであります。

平均の購入価格帯は5万円台と言われていますが、「そこまで高いランドセルは必要なし!」と判断する、堅実な考え方をする人が多いのも事実。

はたして安いランドセルとは、いったいどんなランドセルなのでしょうか?

一般的に「安い」とされるランドセルはだいたい4万円以下。

「安い方が良いに決まってるけど、値段で選んで大丈夫かしら?」と不安を抱える方も多いはず。

ここでは低価格と言われるランドセルを、価格別に分類し、それぞれの特徴を見ていきましょう。

10,000円以下

私達が店頭でよく見かけるランドセルは5万円ほどですが、ネット通販では「1,980円」など、目を疑ってしまうほどの低価格なランドセルが存在するのをご存じですか?

数千円で買えるランドセルの多くは中国製で、非常にシンプルな造りの物が多いのが特徴です。

あまり知られていないランドセルメーカーがほとんどで、有名メーカーが競い合うようにこだわっている「背負いやすさ」や「機能性」は、あまり期待することができません。

肩ベルトのクッション素材が薄かったり、防水効果を期待したいランドセル表面の素材も、粗悪なものが使われていることが多いのです。

高級なランドセルに比べると、素材や製法の一つ一つが、すべてランドセルの低価格につながっていると考えてもよいでしょう。

「A4フラットファイル」に対応していないランドセルが多いのも特徴です。

とはいえ、ぱっと見は普通のランドセルと同じように見えるので、「とりあえず教材が少ない1年生のときだけ使う」といった場合は、1万円以下のランドセルを選択肢に入れるのもありでしょう。

ですが、長く使う予定の方にはあまりおすすめできない価格帯のランドセルです。

10,000円~20,000円台

1万円以下のランドセルに比べ、2万円台のランドセルになると、しっかりとした形状のものもあり、耐久性にも問題のないランドセルが増えます。

1万円以下のランドセル同様、あまりよく知られていないランドセルメーカーが大半を占めます。

2万円台後半の価格帯になると、有名メーカーの型落ち商品が含まれてくるのがこの価格帯。

ですが3・4年前などの型落ち商品なので、「A4フラットファイルに対応しているかどうか」など、現代の小学校生活にあった内容かどうか、いくつかのチェックしてから買う必要があります。

商品によっては6年間十分に使えるものもあるので、よく吟味して慎重に選ぶことをおすすめします。

30,000円台

大手メーカーの型落ちで、昨年度の商品がこの価格帯で販売されていたりします。

大手メーカーの型落ち商品を狙う場合、人気のカラーが品薄であったり、希望のカラーが欠品であることも多く、全ての希望が叶うランドセル選びができないことも。

気に入ったカラーに出会えれば、型落ちであっても商品にはまったく問題はありません。

チャンスを逃さないよう、アンテナを張っておく必要性がありそうです。

30,000円台のランドセルになるとイオンやニトリなど、よく知られる流通メーカーのランドセル増えてきます。

あまり良く名の知れていないランドセルメーカーであっても、人気の定番商品が並ぶ価格帯。

品質が高く口コミで広げてきた工房メーカーなど、大手メーカーの品質とそん色のない商品が見つかる価格帯でもあります。

こだわりのあるランドセル選びをしたい方は、「安いランドセル」の中でも一番の狙い目の価格帯と言えるでしょう。

こだわり派に人気!低価格の工房メーカー澤田屋ランドセル


3万円台の良質ランドセルが勢ぞろい!澤田屋ランドセルは、お客様が買いやすい価格にするために、あらゆる工夫を凝らしています。

「低価格・高品質・軽い・丈夫・デザイン」の5つの条件をクリアするため、素材や販売ルートにこだわっています。

「兄弟でリピートしたい!」「お友達に紹介したい!」と感じていただけたお客様からの口コミを、こちらで多数掲載しています!
公式サイトはこちら⇒https://kawaii-randsel.com/

理想の価格帯!3万円台で買えるランドセルメーカー3選

前章では「安いランドセル」を価格帯別にご覧いただきました。

1万以下のランドセルは、正直あまりおすすめできません。そして2万円台までのランドセルを買う場合も、品質に問題はないか、見極める力が必要そうです。

安いといえども安心して6年間使うためには、3万円台のランドセルの検討ををおすすめします。

ここでは「安いランドセルが欲しいけれど、失敗はしたくない!」という方のために、3万円台で買える「おすすめ」のランドセルメーカーを3つご紹介します。

イオンかるすぽ(はなまるランドセル24)

標準価格 30,000円+税

イオンのランドセル「かるすぽ」にはいくつか種類がありますが、「はなまるランドセル24」は、定番色からトレンドカラーまで、豊富な24色の中から選べる「コスパ最強」のランドセルです。

子供の背中に当たる部分には、3点背あて「かるくなーれ」というクッション材を採用していて、荷物が多い日もランドセルが背負いやすくなるのが特徴です。

たっぷり入る12cmの大マチと、1,080gの軽さを誇る、メイドインジャパンのランドセルです。

ニトリわんぱく組(メチャ!ピカ)

標準価格 36,945円+税

ニトリわんぱく組の「メチャ!ピカ」は、女の子デザイン6種・男の子デザイン6種、計12種類から選べるランドセルです。

女の子モデルは、女子が大好きなキラキラのパステルカラーのランドセルが豊富。かわいい刺繍がほどこされていて、まるで宝石箱のような女の子らしさあふれるランドセルです。

男の子モデルも「定番カラーじゃつまらない!」そんなお子様に背負わせたくなる個性的カラーが勢ぞろい。

普通の黒や青じゃつまらない!そんなこだわり派のお子様に選んであげてはいかがでしょうか。

澤田屋ランドセル(ラティブ)

標準価格 33,280円+税

兄弟へのリピート率が高い!と評判の「澤田屋ランドセル」ですが、こだわり派から多くの支持を得続ける工房メーカーです。

中でも「ラティブ」は女の子に人気のランドセルで、トレンドカラーに異色のマチを組み合わせることで、幼くなりすぎず、飽きの来ないカラーが特徴です。

背負いやすく、お値段もお手頃。

高学年になっても安心して使えて、子供も大人も満足できる「細かな気遣い」がちりばめられています。

もちろんA4フラットファイル対応で、質・価格ともに納得できる、おすすめのランドセルメーカーです。

上手に「トレンド」を押さえた澤田屋ランドセル!


定番カラーはもちろん、トレンドカラーのラインナップも豊富。

長く安心して使える澤田屋ランドセルでは、見た目はもちろん、お客様が安心して6年間使えるようにあらゆる工夫を凝らしています。

「低価格・高品質・軽い・丈夫・デザイン」の5つの条件をクリアするため、素材や販売ルートにこだわっています。

「兄弟でリピートしたい!」「お友達に紹介したい!」と感じていただけたお客様からの口コミを、こちらで多数掲載しています!
公式サイトはこちら⇒https://kawaii-randsel.com/

高いランドセルを安く買う方法

「高い」と感じるランドセルを、「安く」買う方法は、「買い方」や「買う時期」の工夫で5~30%ほど安く買うことができるのをご存じでしょうか?

「ランドセルがいろいろあってよくわからない」「とりあえず大手メーカーのランドセルにしたい!」という方は、次の購入方法を検討してみてはいかがでしょうか?

ネット販売を利用する

「ネット限定価格!」という言葉を聞いたことはありませんか?

ネット販売では商品や店舗の管理、さらには対面接客の必要性がないため、大幅にコストが削減できるので、価格を安くおさえることができるのです。

店頭で売られているランドセルよりも、数パーセント安く提供しているメーカーが多いのが特徴です。

「送料無料」の商品も多く、送料を気にせず注文できるメリットがあります。

近所に販売店がないという方でも、手軽に買うことができますね。

ただし家に商品が届くまで「実物を確認できない」点が難点です。

「予想していたのと違っていた」ということの無いように、返品保証がきくランドセルメーカーを選んでおくと安心です。

早割りで購入する

11月から3月がランドセル販売の繁忙期。

その前の8月~10月ぐらいにかけて、多くのランドセルメーカーが20%ほど安く「早割り」として安くランドセルを提供しているところも。

早割はだいたいがネット販売が中心なので、実物を見ないで決めるのが心配という方は、メーカーサイトなどで、口コミや経験談を参考にしましょう。

入学までまだ期間があるので、それまでに「子供の好みが変わってしまわないか」心配になってしまうことも。

早割を利用する場合は、流行に左右される「トレンドカラー」をなるべく避け、赤や黒などをベースにした「定番カラー」を購入しておくのがおすすめです。

型落ち・アウトレットを選ぶ

価格のことを考えなければ、型落ち商品よりも、ちろん新作を選びたくなりますよね。

ですが1年や2年くらいの型落ちであれば、今年のトレンドとあまり差がないため、「価格が安い」のに「品質はそのまま」であることも。

1・2年の型落ち商品は、「ランドセルの掘り出し物」と言えそうです。

メーカー側も型落ちした在庫を早く消化したいので、型が古くなるほど安く販売する傾向にあります。

ここで注意しておく点として、A4フラットファイルが入らないなど、現代の小学校生活に合わない「小さなサイズの型落ち」を選んでしまわないこと。

3・4年前の型落ちランドセルとなると「A4クリアファイルに対応」しているけれど、「A4フラットファイルには非対応」の物もあるので、このあたりにも十分に目を光らせて購入しましょう。

大手メーカー・ブランドをあえて避ける

いろいろなランドセルメーカーを比較していると、3万円台後半のランドセルであれば、質や機能が満足できそうな価格ラインであることに気付きます。

大手メーカーや高級ランドセルには、材質に高価なものを使用していたり、目を引くブランドロゴが付いているなど、きっと満足が得られる商品あることは間違いありません。

ですがどこまでも「高品質のランドセル」を追い求める必要はなく、「子供が気に入って6年間安心して使えればOK」という判断も間違いではありません。

大手のメーカーランドセルの場合、CMなどの広告費が上乗せされた価格であることにも頭に入れておきたいポイントですね。

「子供のランドセルにそこまで高級感を求めていない。」「どこかで見切りを付けなければ」とお考えの方は、思い切って「大手メーカー」や「ブランド品」を避けるというのも手です。

見る目を養えば、同じ価格帯で「より上質」のランドセルをゲットすることだって可能なのですから。

安いランドセルでも選び方にこだわればGood!

「安いランドセルが欲しいけど、買ってから後悔したくない」

誰もがそんな思いを抱いているはずです。

1万円台までのランドセルの場合、6年間使うにはちょっと注意が必要ですが、3万円台のランドセルになると、質や機能も安定してきます。

5万円以上のランドセルには、確かに機能やデザインが充実してきますが「それは本当に必要なのか?」をいちど冷静に考えてみても良いかもしれません。

「2人目のランドセルは安く抑えた」という親御さんもたくさんいらっしゃいます。

「必要以上に高機能なランドセルは不要だった」という過去の経験から学んだのかもしれません。

大手ランドセルメーカーにこだわるならば、だんぜん型落ち商品がおすすめ。

「大手メーカーにはこだわらない」とお考えの方は、あえて大手メーカーを避けるのも良いですね。

事前にネットで口コミや詳細説明をよく確認して、「お子様にあった、ちょうど良いランドセル」をピックアップしてみてはいかがでしょうか?

価格・質が「ちょうどいい!」澤田屋ランドセルがおすすめ!


「良質のランドセルをリーズナブルな価格でお届けしたい!」という思いから、澤田屋ランドセルではあらゆる工夫を凝らしています。

「低価格・高品質・軽い・丈夫・デザイン」の5つの条件をクリアするため、素材や販売ルートにこだわっています。

「兄弟でリピートしたい!」「お友達に紹介したい!」と感じていただけたお客様からの口コミを、こちらで多数掲載しています!
公式サイトはこちら⇒https://kawaii-randsel.com/