ランドセルの価格

安いランドセルはいじめられる?火種は「個性と嫉妬」にあった!?

ランドセルは一時の物だし、あまり高いものは買いたくない。

だけど「安いいランドセルだから」を理由に子供がいじめられたらどうしよう。そんな不安はありませんか?

実際は「ランドセルが安い」事を理由にいじめられる事はほとんどありません。

ですがランドセルの見た目をきっかけに「からかいの対象」になることはあるようです。

ランドセル選びをする上で、いくつかの注意点をクリアしておけば「いじめやからかいへの不安」を未然に防ぐことができます。

先輩ママたちの経験談など、口コミを交えて紹介していますのでどうぞご覧ください。

サキヨミ!この記事の結論
  • 「安いランドセル」を理由にはいじめられない
  • ランドセルの見た目を理由に「からかいや嫉妬に発展」はあり得る
  • いじめの心配をしたくないなら「平均値」のランドセルを狙う
「飽きがこない」と評判の澤田屋ランドセル


「良質のランドセルをリーズナブルな価格でお届けしたい!」という思いから、澤田屋ランドセルではあらゆる工夫を凝らしています。

カラーバリエーションも豊富で、飽きがこないランドセルとしても評判です。

「低価格・高品質・軽い・丈夫・デザイン」の5つの条件をクリアするため、素材や販売ルートにこだわっています。

「兄弟でリピートしたい!」「お友達に紹介したい!」と感じていただけたお客様からの口コミを、こちらで多数掲載しています!
公式サイトはこちら⇒https://kawaii-randsel.com/

「安いランドセルだから」でいじめられることはない

「安いランドセルだから」を理由に子供がいじめられたらどうしよう?

なぜこのような不安が生まれるのでしょうか?

ランドセルの価格はピンキリで、安いものだと数千円から、高いものだと十数万円のものまであります。

まずはこちらのデータをご覧ください。

出典:ランドセル工業会

これは2019年4月に入学する児童を持つ親を対象に行われた、ランドセル工業会が実施したアンケート結果です。

購入金額帯では4万~5万5千円以下の価格帯が最も多く、全体の平均は52,300円でした。

ランドセルにおける価値観は人それぞれですが、子供の鞄に5万円は高いと感じる方も少なからずいることでしょう。

6万5千円円~10万円のランドセル購入者が20%もいる中で、2万5千円以下のランドセル購入者は6.3%。

このような平均値を知れば知るほど、安いランドセルを買ってしまったら「バカにされて子供がいじめられてしまうのでは?」と不安になってしまうのも無理はありませんよね。

ランドセルがお下がりとか安いものだとかでいじめなど、聞いたことないです。

そりゃ、6年間踏んだり蹴ったりボロボロのランドセルでは「どうしてこんななの?」くらいは聞いてくる子はいると思いますが。
(でも、それは単なる疑問であって、イジメではないです)

引用:ヤフー知恵袋

子供が友達のランドセルを見て「高いか安いか」なんて、まず判断が付きません。

ましてや「安い」ことを取り上げて、いじめの発端にするというのは、この頃の年齢の子だと考えにくいと思われます。

大人の目でも、相当熱心にランドセル選びをした経験がなければ、「あれは〇〇のランドセルで、値段は〇円」なんてデータは持ち合わせてはいないのです。

仮に「安いランドセル」だという理由でいじめられるとすれば、それはおそらく相手の子の親が、子供に価値観を植え付けた可能性が高いです。

「安いを理由にいじめられないなら、あとは子供の好みを最優先でいいのね」と思いがちですが、ランドセルは一時の物とは言え、6年間にわたって使うもの。

教科書など学校から配られるものはみな同じものを使いますが、ランドセルは個々で用意する物なので個性が出やすいアイテムです。

子供があまりに個性的なランドセルを選んでしまうと、思わぬ嫉妬やからかいの対象になることがあるので注意が必要です。

周りと違うと個性が目立つ!嫉妬の原因にも

親世代の頃のランドセルとは違って、現代のランドセルは色や形も様々です。

自由に選べる楽しさがある反面、個性も出しやすく、あまりに目立ちすぎると周りの子供たちの目に留まり、それを理由にからかいが始まるといった例も実際にあるようなのです。

・ランドセルの色が個性的

出典:ランドセル工業会

こちらは2019年に入学する児童に購入したランドセルの色分けデータです。

様々なカラーが発売されている中で、「男の子は黒」「女の子は赤」という王道カラーが1位を獲得しています。

最近は黒と言いつつも、ランドセルの縁を囲むステッチのカラーバリエーションも豊富ですし、女の子に人気の赤色ランドセルも、濃淡のバリエーションがたくさんあります。

同じ黒系、同じ赤系でありながらも、ちょっとした変化を出しながら、ランドセル選びを楽しまれれいる様子がわかります。

そんな王道カラーが人気な中で、とびぬけた異色カラーを選んでしまうと、教室で目立ちやすくなります。

子供は単純ですから、目についたものについ反応してしまい「変な色」とか「〇〇みたい」といった表現で、周りと違うことをつたない言葉で表現してしまいます。

さらには周りと違う事を理由に「逆に羨ましがられてしまう」といった現象も起こるようです。

ランドセルの色・形でいじめられるかどうかといえばあまりないと思います。
でも、かなり違うものを持っていると
「うらやましい」→「嫉妬」する子もいるみたいですね。

女の子は「対抗心」が強いですからね^^

引用:ヤフー知恵袋

周りと違うことで注目されるケースもありますが、自分にないものを羨ましさのあまり妬まれてしまうといったケースも。

・ランドセルの形が個性的

出典:ランドセル工業会

こちらは購入したランドセルの形状はどのようなものか、を表したグラフです。

94.6%と多くの子供たちが「縦型」で「全カブセ」のランドセルを購入していることが分かります。

「全カブセ」とは、ランドセルの表面の「カブセ」と言われるパーツが、ランドセルをくるむ形の物です。

ランドセルをカブセでぐるりと包み込み、下の所で閉じた状態のランドセルを持つ子がほとんどです。

「半カブセ」とは、カブセ部分が半分くらいの長さで、ランドセルを閉じる金具が表面に見えているランドセルを差します。

「半カブセ」のランドセルはおしゃれ感が漂いますし、ちょっと大人のデザインと認識されることも。

全体の割合からすると「半カブセ」は横型・縦型を合わせても2.6%と少なめなので、周りの子のランドセルと違うのは一目瞭然です。

本当は「半カブセ」のランドセルが欲しかったのに、親の反対があって購入できず「半カブセ」のランドセルを持つ子がが羨ましい!などと、こんなところで嫉妬心を抱かれる恐れも無きにしもあらずでしょうか。

・ランドセルのデザインが個性的

ランドセルのデザインはわりとシンプルの物が多いのですが、小さく刺繍が入っていたりメーカーロゴ入りだったり、人気のキャラクターとコラボしたランドセルも販売されています。

ランドセルを買うのは幼稚園の年長頃、つまり6歳ごろの好みで選ぶわけですから、6年生になった時との好みの変化が表れるケースが多いのです。

低学年のうちはキラキラとした華やか好みだった子供が、高学年になると落ち着いた色合いやデザインの物を好み出し足りすることも。

そうなるとランドセルデザインの「幼さ」が目立ちだし、ふとした瞬間に友達との話題に上がるケースも考えられます。

ランドセルのいじめを回避するなら平均値を狙う

小学生のいじめの根源は、とても些細なことが原因だったりします。

いじめではなく、「ただのからかい」という意見もありますが、やられた方は決していい気はしませんよね。

その根源が「ランドセル」であってほしくはないと親は強く願い、心配のタネになってしまうのでしょう。

「とにかくいじめられないようなランドセルが欲しい!」と願うのでしたら、何においても「平均値」のランドセルを選んでおくのが無難だと言えそうです。

平均値を知るには、今回いくつか紹介したような「購入者データ」を参考にしてもいいですし、これから通う学校の小学生のランドセルを意識して観察してみるのも良いでしょう。

周りに話を聞けるような先輩ママがいるならば、なにかしら良いアドバイスが聞けるかもしれません。

とはいえ、あまりに周りを気にしすぎると、せっかくのランドセルがなんの思い入れもない道具になってしまう可能性があります。

たとえ個性的なランドセルを子供が選んだとしても、ランドセルに思い入れがある分、子供に「周りからの小さな出来事」を跳ね返すパワーが生まれるかもしれません。

お子さんに長く気持ちよくランドセルを背負ってもらうためには、お子さんの好みを尊重してあげることも大切ですが、あまりに個性を主張しすぎるようなランドセルを選んだ時にはそっとアドバイスしてあげるのも良いと思います。

色や形など、子供にわかりやすいデザインが原因で「からかい」や「嫉妬」につながることはあるようです。

ですが「安いランドセル」を買ったからと言って、それが直接いじめにつながるケースはとてもまれだと思われます。

相場で見て安くても、良質なランドセルはたくさんありますので、ぜひ親御さんの目で見極めて、楽しい学校生活を送れるようにアドバイスしてあげてくださいね。

「ちょうどいい価格帯」と評判の澤田屋ランドセル


「良質のランドセルをリーズナブルな価格でお届けしたい!」という思いから、澤田屋ランドセルではあらゆる工夫を凝らしています。

「高すぎないけど安すぎない」リーズナブルなランドセルの中でも「ちょうどいい安さ」と評判の澤田屋ランドセル。

「低価格・高品質・軽い・丈夫・デザイン」の5つの条件をクリアするため、素材や販売ルートにこだわっています。

「兄弟でリピートしたい!」「お友達に紹介したい!」と感じていただけたお客様からの口コミを、こちらで多数掲載しています!
公式サイトはこちら⇒https://kawaii-randsel.com/